【イベントレポート】トーク&サイン会に行ってきた! #はあちゅう福岡 @蔦屋書店

こんばんは!さとみんです!

 
本日10月27日、六本松の蔦屋書店で行われた、はあちゅうさん(@ha_chu)の新刊出版記念『婚活っていうこの無理ゲーよ』のトーク&サイン会に行ってきました。


先週末も福岡でイベントを行われているので、今回は前回と趣向を変えて、『コンテンツの作り方』のお話とサイン会の二部構成でした。


人生をコンテンツ化するには?
はあちゅうさんは、日々情報収集をクセ付けしているそうです。普通の人なら気づかないような些細なことにも気づくのは、幼いころから小説家になりたかったからとのこと。

小さなことに気づき、情報収集するけれど、人間は忘れてしまう生き物。
メモに残すことで、アウトプットするときに活用する。

例として挙げられたのは、
『スタバで大きなピアスをしている人が居た。拡張しているから貫通していて、大きな穴が空いている。ふつうのピアスをしている人は多いけれど、そんなに大きなピアスを付けて拡張するには、どんなドラマがあったんだろう?』
私なら見たとしても、拡張!痛そう!で終わりそう。

小さなことに目を向けれるようになると単純におもしろそうだなぁと思いました。
今まで考えもしなかったことを考えられるようになりそうだし、こうしてブログを書くネタにもなりそうです。


小説について
本を読むことって別の体験ができるからおもしろいんですよね。
今日まさにはあちゅうさんが同じようなことをおっしゃっていて、深くうなずきました。

はあちゅうさんはインフルエンサーとして、強い影響力を持っています。
SNSでは『はあちゅう』として発信する。
しかし、小説では違う人物に自分の考えや言葉を乗せる。
そうすることで、自分の考えを違う形で伝えることができる。
別の人物として発信する方法として小説。

たしかに『婚活っていうこの無理ゲーよ』を読んでみて、生き方について考えさせられる場面がいくつもあります。
はあちゅうさんの普段のSNSを見ているからこそ、これらは読者へのメッセージだなぁと感じました。


批判との向き合い方
エゴサーチをして批判の声を目にするとずっと心に残ってフラッシュバックのようになってしまう。
今バズっている『旦那観察日記』の投稿をしているときに、ふと批判の声を思いだして、なんでこんなことしてるんだろう…と虚無感に襲われたそうです。

こうやって批判を目にしたり、気にしても良いことがなかった!となり、目にしないように。

また、ツイッターのフォロワーが約20万人いるそうですが、この10年でブロックしたのは700人ほどとのことです。
そのうちおそらく熱心なアンチは200人ほどで、たったの200人くらいの人達に心をすり減らして、消耗してバカみたい、と。


学生のうちにやっておいた方が良いこと
時間がたっぷりあるから、英語と恋愛!
英語を学び、旅に出る。
恋愛をして感じたことを全部書き留めておく。

その時の感情はその時にしかないもの。今の方が力量はあるけど、昔のような感情は今は絶対書けないそうです。

書き留めておくと当時の感情にはなれないけど、当時の感情を思いだしたり、こういう風に思ってたんだなぁとヒントにはなりますよね。

わたしも昔の日記を読み返したことがありますが、あんな尖った感情は今はありません。
捻くれてて、昔の自分がもはや怖く感じました…。
そんな感情は今では出てこないけど、当時そんな思いで生きていたのだなぁと思い返し、考えるきっかけになったり、ブログのネタにもなったりしそうです。


ツイッターとインスタの使い分け
使い分けをしようとしている時点でどちらかが向いていない証拠。
どちらか一点に集中しても良い。

ツイッターには、自己啓発よりの内容を書き、反応が良いものを深く掘って書籍に活かす。
インスタには、女性誌みたいに絞ったテーマで発信。投稿数が増えるまでコンスタントに投稿。
はあちゅうさんは、それぞれ別モードで発信を意識しているそうです。




最後にサイン会
今日一、はあちゅうさんの近くで話せる時間。緊張でばくばくと手がぶるぶる。
短時間だったため、
・『半径5メートルの野望』がきっかけで好きになったこと
・前から会いたかったのが叶ったこと
・今日のイベントを楽しみにしてたこと
・またイベント参加絶対する!ということ

緊張しながら、至って普通のことしか伝えられなかった…。緊張するといつもこう…。
写真を撮ってもらう時も手がぶるぶる震えてて自分でもびっくりでした。


イベント総まとめ・感想
今回たまたま仕事が休みで予定もなくタイミングが合い、イベントに参加。
最近ブログを始めたり、SNSの使い方を変えよう!と新しく踏み出した時だったので、行くしかない!となったのです。

イベント前に時間があったので購入した『婚活っていうこの無理ゲーよ』を読破。
登場人物たちの思い悩む姿や描写に自分を重ねる部分がたくさんありました。
わたしはまさに、恋愛、結婚、仕事、生き方に悩んでいる最中。

実際お会いしたはあちゅうさんは、物腰は柔らかいけど発する言葉には力強さがあり、ぐいぐい惹きつけられました。


今日は『小説』を通したはあちゅうさん、『リアル』なはあちゅうさんからたくさんの学びとメッセージをいただきました。

次、イベントで会えるときは進歩している自分で会いたい。

はあちゅうさん、ありがとうございました!

コメント